FC2ブログ

歩く

1



今日は休みだったうえ、さらに課題に対するやる気も起きなかったので、銀座の画廊をぶらぶらとまわってきた。

見て来たのは
村野藤吾 「建築とインテリア ひとをつくる空間の美学」
原研哉 「白」
「CONDENSED VANILLA -ヴァニラコレクション」展
キムスージャ 「A Mirror Woman: The Sun & The Moon」
北川宏人 「ポスト・ニュータイプ2008」

いつもなら、一日にひとつの展示しか見ないことが多いのだが、今日はいくつか回って展示の比較をできて面白かった。

特に最近、自分の中でロリコンや二次元といったサブカルへの興味があったので、ヴァニラコレクションには期待をよせていた。展示の内容は、もろエログロやグロで、視覚的なものから精神的にえぐってくるものまであった。萌え的なアニメの流れではなく、エロアニメの文化をなぞっていて、カップルで見に来たりしたら、彼氏の権威が一気にくずれ落ちるような内容だった。

北川宏人の 「ポスト・ニュータイプ2008」は面白かった。けど、ギャラリーの会場がちらかっていたり、すぐ隣の部屋からスタッフの笑い声が聞こえたり主宰者側のやる気は感じられなかった。展示が面白いだけに残念だった。展示の内容は、村上隆の「スーパーフラット」という概念を引用した作品のように思えた。

原研哉 の「白」は大満足だった。面白い。展示も見てて楽しめるし、見た後にすっきりとした気持ちになれる良い作品だった。ここなら老若男女問わず、誰でも楽しめると思う。

全体的に、現代アートが面白かった。
アートフェアに出品するために、どんなコンセプトで作品を創ろうか考えていて、気持ち悪い感じとかロリコン的な感じでいこうと思っていたが、ヴァニラコレクションで衝撃的な作品たちを見て、自分の中でここまでエロやグロを掘り下げると、精神的に崩壊すると思った。
今日の色々な展示を見てまわって、原研哉 の「白」の展示にあった作品のような、見た後にすっきりとした気持ちになれる作品を創りたいと決めることができた。

それだけで今日は収穫があったと思う。

ちなみに銀座を歩いている間に、H&Mの前を通ったが、平日にも関わらず、長蛇の列ができていた。外人が面白がって写真を撮っていたので、俺も一緒にまぎれて写真を撮った。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)