FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひぐらし・感想

この三日間で、
「ひぐらしのなく頃に」全26話
「ひぐらしのなく頃に解」全24話
「ひぐらしのなく頃に礼」全5話
「ひぐらしのなく頃に外伝」全1話
「うら☆ひぐ(仮)」全24話(1話が30秒くらい)
を見きった。

時間にすると、約23時間。

大学に行ったり、会社説明会に行ったりという用事をのぞいたら
ほぼずっとアニメを見ていた。

見る前は、殺戮系のホラーアニメかと思っていたが、
実際はサスペンスの要素が強かった。


↓以下ネタばれ含む

面白いと思ったのは、ひとつのストーリーが4~6話ぐらいで完結し、
またスタートに戻って次の世界の話がはじまるというパラレルワールドのような手法。

ひぐらしでは、別世界の時間軸が並列的に進むのではなく連続的に続く。
(電池で例えると、並列つなぎと直列つなぎのイメージ。ひぐらしは後者)


そして、もう一つ面白いと思ったのは「信頼できない語り手」という手法。
これのせいで、物語の推理は混乱を極める。
一番最初の話「鬼隠し編」は、前原 圭一の目線で物語が進んでいくが、
この前原自身が実は精神病を発症している(ひなみざわ症候群)

そのため視聴者は、前原目線の事実とは異なった被害妄想の世界を、
実世界であるように錯覚される。

原作のゲーム「ひぐらしのなく頃に」は正解率1%というキャッチフレーズを
うたっているが、正直1%もいないんじゃないかと思う。


後半の話の展開には若干違和感があったが、
ストーリー全体は納得のいく面白さだった。
(特に「鬼隠し編」の緊張感が好き)

ただ「ひぐらしのなく頃に」でちりばめられた話の伏線が、
解答編である「ひぐらしのなく頃に解」で全部ひろわれてなかったので
いくつか謎が残った。

どうやら原作のゲームでは伏線もすべてひろわれているらしいので、
そこらへんをもう少し調べてみようと思う。


スポンサーサイト

iPad


20100128-00000001-rbb-sci-view-000.jpg



Appleから新製品「iPad」が発表された。
どう見てもiPhoneがでっかくなったようにしか見えない。
価格は日本円で5万から7万くらい。

MacBookとiPhoneの中間っぽい製品だけど、いまいち使い方のイメージが想像できない。


MacBookとiPhoneで今のところ十分だから、
これ買うぐらいなら、デスクトップ買ったほうがいいかな。
いい感じにペンタブとして使えるなら話は変わってくるが。

セミナー

某会社のセミナーの予約をとろうと思い、
パソコンの前でスタンバっていた。

予約開始時刻の18:00になっても予約がはじまらない。

そのままパソコンの前に座って待つが30分たっても変化なし。


そして19:00。1時間経っても変化なし。

今日は予約とらないのかもしれないと思いコンビニに行く。
戻ってきて何気なくパソコンの画面を見る。



「満席」


ふざけんなゴラアアアアアアアあああああああ!!!

MTVでやってる車改造大作戦が面白すぎる。

発想のぶっ飛び方とか、イミフな技術力とか
大陸的なスケールがてらかっこよす。
http://www.mtvjapan.com/video/program/17779



昨日、大学に行ってきたが
2号館で制作が進んでる卒制のスケール感も大変なことになってる。

フミコの告白



「来年も積極的に授業をとるために、あえて今回はレポートやらずに単位をとらない!」

という、戯言を自分自身にほざきながらレポートを放棄することに成功する。


例によって冬休みに入り怠惰の限りを尽くす生活を送るが、唯一の救いにバイト代の小銭が少し入る。


朝、新潟で買った日本酒を発見し、なめるように呑みながらポートフォリオを作る。

しかし、全く進まない上に、自分の課題のあまりの質の低さに飽きれる。
結果、「ポートフォリオ?なにそれ、おいしいの?」という定番のセリフを吐き捨て、ブックマークのニコニコ動画をクリックする。


世間はもう就職活動まっただ中である。

頑張ろうぜ、俺。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。