スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HD交換

Macの保証もすっかり切れてしまっている今日この頃。

itunesやiphotoのデータは余裕で20GBを超えるようになり、premiereで編集した動画のデータが重すぎて保存できないというアホなことが起こったり、
とにかくこのご時世に内蔵HDの容量が80Gっておかしいでしょう!

ということで年末最後の大仕事に内蔵HDの交換をした。


交換作業自体は超がつくほど楽だった。

しかしMac対応のハードディスクケースを購入するのにものすごく手間がかかった。

最初にAmazonでMac対応と書いてあるハードディスクケースを買うが(2500円くらい)Macの仕様はシリアルHDなのだが、そのハードディスクケースは開けてみると、パラレルHD対応のもので、電話をして事情を説明し返品する。

次に近所の電器屋でハードディスクケースを買うが(1900円くらい)開けてみると今度はMacbookのようなノートパソコンで使うには別途ケーブルを購入しなければいけないことが発覚する。
「そんなことパッケージに書いてないぞゴラア!」ということをものずごく丁寧に説明し、返品する。

次にパソコンショップで安売りしていたハードディスクケースを購入する。
事前にネットで徹底的に調べてから店に行き、商品を見つけて即購入するが、開けてみるとパラレルHDの規格のものであることがわかるorz
(土日で安売りして、土曜はシリアル、日曜はパラレルと謎の分け方がされていて、運悪く日曜に行ってしまった)

家でまた確認してから、無事にハードディスクケースを購入する。


かかった費用は

・HD 500GB
= 7500円
・間違えて買ったハードディスクケース
=500円
・ハードディスクケース
=1700円
・T8ドライバー
=700円

合計=10400円

無駄にすこしかかったが、こんなもんだろう。

以前ならiphotoを起動すると、全ての動作が重くなったのだが今はサクサクと動かすことができる。
中々良い。

来年お金が貯まり、メモリの値段が下がってきたら、メモリを増設したいと思う。
スポンサーサイト

mainmenu

メンテナンスソフトmainmenuを落とした。

このソフトは現在、クリスマスキャンペーン?で無料でインストールすることができる。

詳しくはこちらに
http://veadardiary.blog29.fc2.com/blog-entry-2614.html

Macとフリーソフト

最近Macの設定をいじりまくったり、フリーソフトを落としまくったりしていて自分でも何をやったか把握できなくなってきたので記録としてまとめていこうと思う。

今日はネット環境を高速化するためのソフト「dolip」を落として設定した。

詳しくはこちらに
http://creazy.net/2008/02/mac_dolipo_reasons.html

設定すると、たしかにネットのスピードが1テンポ早くなった。

しかし、早くなる理由の説明書きを読んでも俺にはさっぱり分からない。

iSquint

flvからmp4に、画質劣化もほとんどなく変換できるソフトがあった。

iSquint
http://www.macupdate.com/info.php/id/19769/isquint

一回試していたのだがその時はfllのファイルを変換しようとしていたため、
ことごとく変換を拒否されたが、
さっきflvの動画で試したらすんなりできた。

あの無駄な苦労は一体・・・


あとflvのファイルを視聴するだけなら、
real player11で見れることが分かった。
自分はiphoneに入れるつもりなので拡張子を変換したが
PC上で見るだけならこれで充分だし、
その他色々な機能がついてて、かなり便利なものへと進化を遂げていた。


小学生の頃はエロ画像一枚をダウンロードするのに10分くらいかかっていたのに
今では30分の動画が7~8分で落とせて、それをドラッグ一つで携帯で持ち運べる世の中。

技術者の方々には感謝してもしつくせない。

ダウンロード

動画をiphoneにDLしようと試みた。

youtubeやニコ動から動画をDLするツールやサイトは沢山あるが
pandraやmegavideo、veohから動画をDLする方法はmacの場合限られている。

さらに俺のPCは未だにtigerときたもんだから、
落とせるフリーソフトもかなり限られる。

拡張子の変換を色々なフリーソフトで試したり、
落とすツールを変えてみたり、
半日かけて辿り着いた方法も動画の再生に必要なコーデックが
tigerだと落とせないらしく断念した。

特にveohのfllからmp4に拡張子を変換することが
どんなフリーソフトを試しても、上手くいかなかった。
(フリーソフトを使いこなせなかった部分が大きい)

色々試した結果、firefoxに偶然見つけたアドオンを追加して
そこからmp4の状態で落とすことに成功した。

これでiphoneに長時間の動画を取り込むことができる。

しかし、著作権的にどの動画ならOKでどの動画ならNGということが
まだ理解できていないので、
今度はそっちを調べなければいけない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。