FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回の記事は一部、友達にあてた部分もあるので脈絡なく文章が飛んだりしますが、ご容赦ください。

「スーパーフラット」という言葉と概念を考え方のは、かの有名な村上隆である。この「スーパーフラット」という言葉を、村上隆が発表する前に、もし他のアーティストの口から漏れてしまったら、言葉としてのインパクトは半減すると思う。

また、その言葉を聞いた何も知らない人たちは、
あとから「あ~村上隆は、あのアーティストの言葉に乗っかったんだな。」
と思うかもしれない。

そして、美術の世界は「誰が先に発表したか」が重要な要素であると思う。
名前は忘れてしまったが、ある日本人の現代アーティストはキャンバスを破るという行為によって、鉛筆やアクリル、油彩に変わる描写方法を表現した。
しかし、同時期に同じ手法で海外からキャンバスを破った作品が発表されたのである。
先に制作したのは、日本人のアーティストであるが、先に発表したのは海外のアーティストだ。日本人のアーティストは自分のほうが先に作品を制作していたということを、証明する必要があった。
幸運にも、そのアーティストはキャンバスの下地に新聞紙を使っていたため、その日付によって、自分のほうが先に作品を制作していたことを証明できた。

言葉について、人の心理面から考えてみたい。
ものを買う時に、人は自分の知っている言葉に無意識に反応していると思う。
例えば、選挙でたくさんの票を得る為には、駅前で政策を唱えるよりも、自分の名前を待ち行く人に向かって叫んでいるほうが有効であるという。実際に、選挙の投票日前になると候補者は街頭演説などせずに選挙カーに乗って「○○をよろしくお願いします!」と、人々の記憶に自分の名前を刷り込ませようとする。
人の記憶にうったえるという意味では、CMや町を走るキャンペーンカー(渋谷などで音楽を鳴らせながら走るアレ)も同じであると言える。

しかし、前者と後者では相反する考え方ゆえに、アート作品の販売というものが最もやっかいである。
デザインの概要は、発表するまでは隠していたい、、、
しかし、事前にデザインやキャッチコピーを公表して、人々の脳裏に刷り込ませていた方が、商品は売れる可能性が高い、、、
この両者に板挟みにされながら、苦悶の日々を送るのである。表現をとるか、実益をとるか、私の場合今回は前者にいたった。商品を見た人は誰もそんなことに悩んでいたなんて知らないだろうし、事前に公表したとしても結局商品は売れないかもしれない。
しかし今はこだわることを大事にしたい。そんな年頃である。

プロの作品ならまだしも、学生の作ったものに、そこまで気を配る必要もあるのかと思う人もいるかもしれないが、そんなあなたにこの言葉を送ろう。

「僕はあえて、そのわずらわしさを愛したい。」(by 雄一おじさん)
スポンサーサイト

アートバブルの終焉

村上隆のメルマガを購読しているのだが、
今日読んだメルマガに、金融のクラッシュの余波を受けて、
アートバブルも終わったという記述があった。

今まではGEISAIで、学生や若手アーティストの作品が頻繁に購入されていたが、
これからは、買い控えや購入金額の減額が進んでしまうのだろうか。

残念で仕方ない。


...なぜなら、俺もGEISAIに出そうかと思っていたから。

「このタイミングでアートバブル終わるのかよ」と落ち込んでいる俺と、
メルマガの中で、次の方向性を探っていることを匂わせた村上隆との間には
まだまだ雲泥の差があることを感じた。


しかしながら、
アートビジネス界の動向も気になるところだが、

明日が課題の提出日だという現実を
我々はどう受け止めれば良いのか。

そちらも気になるところである。

歩く

1



今日は休みだったうえ、さらに課題に対するやる気も起きなかったので、銀座の画廊をぶらぶらとまわってきた。

見て来たのは
村野藤吾 「建築とインテリア ひとをつくる空間の美学」
原研哉 「白」
「CONDENSED VANILLA -ヴァニラコレクション」展
キムスージャ 「A Mirror Woman: The Sun & The Moon」
北川宏人 「ポスト・ニュータイプ2008」

いつもなら、一日にひとつの展示しか見ないことが多いのだが、今日はいくつか回って展示の比較をできて面白かった。

特に最近、自分の中でロリコンや二次元といったサブカルへの興味があったので、ヴァニラコレクションには期待をよせていた。展示の内容は、もろエログロやグロで、視覚的なものから精神的にえぐってくるものまであった。萌え的なアニメの流れではなく、エロアニメの文化をなぞっていて、カップルで見に来たりしたら、彼氏の権威が一気にくずれ落ちるような内容だった。

北川宏人の 「ポスト・ニュータイプ2008」は面白かった。けど、ギャラリーの会場がちらかっていたり、すぐ隣の部屋からスタッフの笑い声が聞こえたり主宰者側のやる気は感じられなかった。展示が面白いだけに残念だった。展示の内容は、村上隆の「スーパーフラット」という概念を引用した作品のように思えた。

原研哉 の「白」は大満足だった。面白い。展示も見てて楽しめるし、見た後にすっきりとした気持ちになれる良い作品だった。ここなら老若男女問わず、誰でも楽しめると思う。

全体的に、現代アートが面白かった。
アートフェアに出品するために、どんなコンセプトで作品を創ろうか考えていて、気持ち悪い感じとかロリコン的な感じでいこうと思っていたが、ヴァニラコレクションで衝撃的な作品たちを見て、自分の中でここまでエロやグロを掘り下げると、精神的に崩壊すると思った。
今日の色々な展示を見てまわって、原研哉 の「白」の展示にあった作品のような、見た後にすっきりとした気持ちになれる作品を創りたいと決めることができた。

それだけで今日は収穫があったと思う。

ちなみに銀座を歩いている間に、H&Mの前を通ったが、平日にも関わらず、長蛇の列ができていた。外人が面白がって写真を撮っていたので、俺も一緒にまぎれて写真を撮った。

golf/HOWDY

以前、エアコン販売会社のホームページを制作(主に更新)するバイトをしていました。

そこの会社では、なんとホームページの制作はアルバイト二人だけという超少数精鋭で、俺が入ってやっと三人でした。俺は主に値段を表示する画像の加工などをやっていました。
(すぐに辞めてしまいましたが...)

バイト先の二人の先輩うち、一人の人と仲良くなり、よく話していました。
その人はなんとフジロックにも出演したことがあるらしく、すごいなーと思っていました。

今日、偶然youtubeでその人のバンドのPVを発見しました。

失礼ながら想像以上に雰囲気のいい音楽で、なんだか嬉しくなってしまったので、本日二度目のブログの更新をして、眠りにつきます。

ちなみにバイト先の先輩は、青色のTシャツの人です。


ビジュアライザ

今日の授業の中で紹介された映像。

良かった。

音楽に合わせて、映像が動くようにプログラムされているらしいです。

実はこれ。

itunesに内蔵されています。

アップルが、この映像を作ったアーティストから作品を買い取って
誰でも観れるように無料で配布しているらしいです。

やっぱアップルですね。


見方はitunesの画面でコマンド+T
フルスクリーンは、コマンド+Tのあとにコマンド+F。

見れない場合は、itunesをアップデートすれば見れるようになると思います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。