スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト

東京ー大阪

22日から24日まで、大阪へ旅行に出かけていました。その記録。

22日、朝七時。Aっちゃんと東京駅に集合。青春切符を手に、東海道本線を使い大阪へ出発。
約二時間は、乗り換えもなく快適に過ごす。熱海に到着。
熱海、興津、浜松、豊橋、大垣、米原の各駅にて乗り換えを行い、大阪に到着。
時間は、四時四十分。およそ九時間の長旅。

駅を出ると、がやがやした街に出る。ガラス張りの大きなビルや、背の高い建物が多くて、思っていたよりも近代的な街だった。しかし、町中に突然に観覧車が現れるなど、面白い景色が多い。とりあえずたこ焼きを食べに難波へ向かう。交通費節約と、街の見学のために片道4キロの距離を歩く。歩いていて思ったのは、大阪の人は自転車の運転が荒い。混んでいる人通りでも、自転車がするりと抜けて行く。

4キロの道の中で、丸の内の様なエリアがあったり、銀座の様なエリアがあったり、上野のようなエリアがあったりした。短い距離の中に、色々な要素がぎゅっと詰まっている。

難波につくと、たこ焼きを食べまくった。5~6ぐらいの店を食べ歩きした。ねぎだくのたこ焼きが美味しかった。そして”大阪と言えば”的な存在のグリコの看板を目撃した。橋の上は観光客で常にいっぱいで、みんな看板を背に写真を撮っている。同じく、道頓堀も通った。意外と整備されていて、川沿いに歩道があり、休憩をとれるようになっている。

その後、今夜の宿探しをはじめる。一時間ほど町中を見てまわり、若者の旅行者にはお約束のネットカフェにたどり着く。心地よく睡眠についた。

二日目。朝五時にネットカフェを出て、また片道4キロの道をたどり、大阪駅へ。朝の心斎橋筋は、人がいなくて気持ちいい。大阪駅から、茨木駅に向かう。駅をおりて、すぐに朝マック。軽く仮眠をとる。七時半ぐらいにマックを出発。万博公園に向かう。片道3キロ。やはり歩く。途中、雨が降ってきたのでファミマで休憩。Aっちゃんが傘を買う。すこし立ち読みをしている間に、止んできたので、また歩く。少しすると、太陽の塔が見えた。想像以上にでかい。なぜかゴジラを思い出した。一時間ほど歩いて、万博公園に着く。まだやっていなかったので少し待つ。20分くらい待って、チケットを買い、入場。太陽の塔に向かう。実際に、間近で見ると迫力がすごい。「そびえ立つ」という印象である。

太陽の塔の真下で座っていると、若い大学生ぐらいの人がこっちに向かって、走ってくる。
「すいません、バイトで遅れてしまって......」と意味不明な言葉を発する。一瞬、人違いかと思ったが、俺にもAっちゃんにも話しかけてくるので、どうやら人違いではなさそう。「どちらさんですか?」と聞くのが礼儀かもしれないが、実際に頭で理解できない現場に立ち会うと、思わず全てを遮断してしまう。何も聞こえないし、何も見えないという混乱状態で座っていると、なぜかそいつが俺のとなりに座る。余計に混乱する。とりあえずドラクエでいう”逃げ出す”を選択する。

そして、公園内にある国立民族学博物館に向かう。ここは面白かった。色々な国の文化を象徴する品が展示されているのだが、とにかくその量が多い。個人的にはセネガルのストリートアートに興味をひかれた。全ての展示を見終わって、体力を消耗したので、公園内のレストランに向かう。値段が高いので断念する。その後、公園を出て、安藤忠雄の光の教会へ向かう。一時間ほど歩いて、散々迷ったあげく到着。着いたら、教会はお昼休みで、開くのは二時からだったので、昼をとることに。あと一時間くらいあるので、コンビニを探すが一切ない。やっとの思いで発見した昔ながらの個人商店で、アイスとパンを買う。近くの公園に行き、お父さんと子供が野球の練習をしているのを見ながら昼をとる。中々、スパルタであった。二時になり、光の教会へ。

中に入ると牧師さんがいた。見学の説明を受けて、中に入る。敷地は思っていたほど大きくなかった。小さい範囲で、大きく展開されている。よく本などで目にする、十字の形に切り取られた窓のある礼拝堂に入る。緊張感のある空間である。まわりを見ると、自分たちの他にも、建築を見学に来ている若い人たちが何組かいた。建築は、景色の切り取り方や空間の仕切り方などの強さ、さらにドアの開閉部分や、窓枠の終わり方など、安藤忠雄の建築のらしさがあった。

40分ほど見学して、駅に向かう。帰りはバスである。歩きより快適だ。駅に着くと、薬局に向かった。旅行にくる前に、歯医者で親知らずを抜いた時、歯茎を縫ったのだが、その箇所が痛い。薬局を発見し、薬を頼むが、強い薬なので処方箋がないと売れないと断られる。あきらめて大阪へ。

歩いてぶらぶらし、たこ焼きカフェのような場所で、たこ焼きを食べながら次の予定を考える。そして国立国際美術館に向かう。またも歩く。途中で、ファミマでお団子を買う。30分ほど歩くと到着。ちょうど閉館するところだった。国立国際美術館の外観が面白いので、しばし建築見学。そして難波へ。心斎橋筋を通り難波へ。夕食にうどんを食べる。めんが透明に透き通っていた。うまかった。その後、通天閣に向かう。例によって歩く。途中に通った街が、秋葉原のような場所で、女子高生の格好をした女性がティッシュを配っていたり、秋葉原スタイルの男性を見かけたりした。ビルの一階から六階までが、全てあっち系の商品というすごい店もあった。

通天閣に着く。おじさんたちの観光グループに写真を頼まれる。その後、少し話す。なぜかおじさんの一人がずっと俺のお腹をさすっていた。展望台にのぼると大阪を一望できる。そして、かの有名なビリケンさんを見つける。足を触った。そして帰路。歩く。

難波にて昨日食べた、ねぎだくのたこ焼きを食べる。そして道頓堀の川沿いに座る。難波のネオンを見渡せて気持ちが言い。その後、もはや我が家と呼んでいるネットカフェに着く。この旅はじめてのシャワーにはいる。そして、Aっちゃんに「おやすみプンプン」をすすめる。漫画を深夜二時くらいまで読み、翌日帰りの駅の乗り換えなどを確認して寝る。

三日目。朝、Aっちゃんの声で目が覚める。アラームに気づかず寝過ごした。延滞料金80円を払う。そして、大阪駅へ向かう。途中、歩くことを断念して電車に乗る。そのまま京都へ。ほとんど車内で寝ていたので、どれくらい経ったかはわからないが京都に着く。駅を出て、清水寺へ向かう。もちろん歩く。こころなしかAっちゃんが、この旅で痩せている。途中でマックを発見し、朝マック。そして、しばし仮眠をとる。また歩き始める。清水寺付近につく。長い坂道に軽く絶望のリアクションを示し、のぼりはじめる。清水寺に到着。朝の八時頃だったので、まわりに他の参拝客はほとんどいない。一時間ほど見学し、おみやげの八つ橋(念願のソーダ味をゲット)を購入して駅へ。帰りはバス。

京都から名古屋へ。この区間が長い。お昼頃に名古屋に到着。駅でるるぶを読んで、みそかつ定食950円の店に向かう。30分ほど歩いて、店に着くと、なんと値段が1500円だった。情報は間違っていた。相談してちがう店を探す。一時間ほど歩くが、駅の周りはどこも高い店しかない。歩き疲れたこともあり、みそかつを断念。ういろうを買い、るるぶに中指を立てて、東京方面へ。

そして熱海に到着。大雨の影響で電車が動かないらしい。電光板には、「運転見合わせ」ではなく「運転中止」の文字。駅の中には、ブルーシートがひかれ、カップルや家族連れが座っている。とりあえず駅を出る。新宿の駅前のように人が溢れている。タクシー乗り場の前は長蛇の列。とりあえずマックに行く。人が多くて入れない。アーケード街をさまよう。みやげもの屋ばかりで、しかもほとんどが閉まっている。一時間ほどさまよいマックに行くと、席が空いている。そこで夕食をとる。窓の外を見ると、少し人だかりが減ったように思う。Aっちゃんが、駅員のところに聞きに行く。俺はマックで待つ。Aっちゃんがもどると、どうやら新幹線で振替輸送がでたらしいとのこと。マックを出て駅に向かう。そして無事に新幹線に乗り込む。車両の接続部分まで人が溢れている。近くの人の話を聞くと、どうやら昼の三時から電車が止まってたらしく、その人は五時間近く待ってたらしい。小田原に着く。在来線に乗り換え戸塚へ。戸塚から湘南新宿ライナーで渋谷へ。渋谷の改札を出て、長旅を終えたあととは思えないほど、いつもの学校帰りのように、「じゃ」という挨拶でAっちゃんと別れる。

池袋から乗り換えて自宅へ。小雨が降っていて、タオルを頭にかぶりながら駅から家に向かう。やっとの思いで家に着く。家族の温かいとは思えない出迎えに感謝し、当たり前に入る風呂に感謝し、布団で寝れることに感謝し、二泊三日の旅をここに終える。

神隠し

最近ものがなくなりまくる。
読みかけの本や、書類。一番痛かったのはデジカメ。
デジカメを一番最後に使ったのは亀田某と三宿に行った時で、
そのあと亀田家に忘れたかと思ったけど、

...そこんとこどうでしょう?


必要なものがなくなり、どうでもいいものが溢れる部屋に嫌気がさし、
引き続き大掃除中。

ヤフオクで、服とか鞄とか、色々売ったら1万五千円くらいになった。

どうも、ありがとう。


掃除

しばらく出かけていまして。

帰ってきて、ここ2、3日ずっと部屋の掃除しています。

まず思ったのは、物が多い。

特に本や漫画、雑誌などの書籍関係と、
たいしてオシャレでもないのに、山のように積み重なった衣類。

体感的には部屋の三分の一くらい占めている。

そして、捨てられない思い出の品や、昔流行ったカード類など。

さらには、ベース、ギター、アコギ、アンプが、
ここが俺の定位置だと言わんばかりに、居場所を主張している。

そしてベッドの上には片付けられない衣類が散乱し、
寝る時は、はじっこで軽く足がはみでながら、寝なければいけない始末。


とりあえず、まずは衣類から処分することに。

正直、気に入ってるもの以外はほとんど着てないので、
ネットオークションにかけることに。

あとは、細々したものも、どんどんネットオークションに出していきます。




当分は、ブログというよりは掃除の記録になります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。