FC2ブログ

「北欧のポット」


スポンサーサイト



ポット

ポットを作成した。

参考書に掲載されていたポットのように上手く形がとれず、
「北欧のポット」みたいなノリになってしまった。

今回は、かなり苦戦し、特に持ち手の部分は何回も作り直した。

また、やはりレンダリングの設定と光源の設定でレンダリングの結果が大きく変わった。

陰の淡い表現を出すために、30分ほど四苦八苦し、途中shadeがフリーズした。


しかし、仕上がったレンダリングの結果を見て、思わずニヤニヤした。


teapot_image.png

コップ

コップを作成。

背景も。

レンダリングで最初はコップが真っ白に光っていたが、
参考書についていたファイルの設定をマネしながらいじっていたら
なんとか上手いことガラスの表現ができた。





光の反射具合で、レンダリングの結果が全く違うものになる。




下の画像が、光が強すぎて白が飛んでいる状態の最初のレンダリング結果。

glass_image2.png



だんだん面白くなってきた。

大鉢

今朝は「食器シリーズ」の大鉢を作成した。

bowl_image.jpg

相変わらず謎の点線が映り込む。

参考書にのっているオサレな食器ではなく
陶器の様な質感になった。

次はコップを作る。

TVボード

前回の大学の課題で模型写真が撮れなかった代わりに
shadeでパースを作ろうと思ったのだが全く使いこなせなかった。

それを反省し、今日から勉強をはじめた。

家の本棚でホコリを被っていたshadeの参考書を引っぱり出し、
ガイドに沿ってTVボードを作成した。


TVボード_image

画像に映るこの点線は何なんだ、一体。

改めて思ったが、
ニコ動やyoutubeを観ているヒマがあったらshadeの勉強をしてくれば良かった。

「なぜ俺はあんな無駄な時間を・・・」(三井名言集傑作選「翔陽戦」より)


しかし、初日にしては進み具合や制作時間に大きな問題はなく
中々良かったと思う。

この調子で次回へ。